小学校のノルウェー塩さば調理実習に、漁業・沿岸問題副大臣が参加

小学校のノルウェー塩さば調理実習に、漁業・沿岸問題副大臣が参加

ノルウェーのクリスティーネ・グラムスタ漁業・沿岸問題副大臣が文京区内の小学校を訪問し、6年生のノルウェー塩さば調理実習に参加しました。

5月11日(金)、ノルウェーのクリスティーネ・グラムスタ漁業・沿岸問題副大臣が文京区内の小学校を訪問し、6年生のノルウェー塩さば調理実習に参加しました。この催しは、日本とノルウェーが、共に子どもの魚食普及について取り組む機会として実施されたものです。

グラムスタ副大臣は、子どもたちにノルウェーとノルウェーの漁業について特別授業を行い、日本とノルウェーの共通点や日本に輸入されているサバの9割がノルウェー産であることなどを説明しました。その後に行われた調理実習では、フライパンで簡単に作れるノルウェー塩さば料理に子どもたちと一緒に挑戦。ノルウェーでは「塩さば」は食べられていないため、はじめて口にする塩さば料理に舌鼓を打ちました。

日本とノルウェー両国が抱える子どもの魚離れという課題に対して、グラムスタ副大臣は「魚を『身体にいいから食べる』から、『おいしいから食べたい』と子どもたちの意識を変えることが大切だと思います」と述べました。