メインコンテンツをスキップする

グローバル寿司チャレンジ2015世界決勝大会

初代世界チャンピオンは日本代表地引淳さん!

第2位は シンガポール代表 キン・ミェン・タンさん、第3位はアメリカ代表 タカトシ・トウシさん

 グローバル寿司チャレンジ実行委員会(構成団体:ノルウェー水産物審議会と国際すし知識認証協会)は、2015年11月25日に東京マリオットホテル(東京都品川区)にて、「グローバル寿司チャレンジ2015」世界決勝大会を開催いたしました。「グローバル寿司チャレンジ2015」世界決勝大会は、今年5月から10月にかけて世界14カ国で開催された予選大会を勝ち抜いた代表者14名が参加。予選大会と同様、すしの基本である「江戸前すし」と各シェフの創造性を審査する「創作すし」の2部門で腕を競いました。本大会では、日本代表、独楽寿司の地引淳さんが優勝を果たし、グローバル寿司チャレンジ初代チャンピオンとなりました。シンガポール代表のキン・ミェン・タンが2位として、アメリカ代表のタカトシ・トウシさんが3位として入賞を果たしました。

gsc-1
gsc-2

エリーザベット・アスパーケル漁業大臣と地引さん

 初代チャンピオンに輝いた地引さんは、トロフィー、賞状のほか、副賞としてノルウェーツアーおよび特製包丁が授与されました。トロフィーと賞状は来日中のエリーザベット・アスパーケル漁業大臣より賞状とトロフィーが手渡されました。また、ノルウェーツアーの記念ボードをノルウェー水産物審議会のマリヤンヌ・ヤンセンから、特製包丁の目録を国際すし知識認証協会 代表理事風戸正義氏から受け取りました。世界チャンピオンに選ばれたことに対して地引さんは、「夢みたいであり、驚いている」と感想を述べました。

すしシェフ歴27年、現在は、東京都と神奈川県にあるチェーンレストラン、独楽寿司に勤務。今回、世界決勝大会に臨むにあたり、日本代表としてのプレッシャーを強く感じていたとのこと。しかし「会場に来て、各国の選手と話したり、彼らの仕事ぶりを見たりして、志すものは一緒なのだと感じた」と語ってくれました。
今後の世界のすし文化に対しては「無限大の可能性を感じられた。まだまだ未知の世界が広がっている」とのこと。今後、地引さんの活躍によって、すし文化がさらに世界に広がっていくことが期待されます。

グローバル寿司チャレンジについての詳細、及び入賞者の作品については下記をご覧ください。
http://sushichallenge.global/ja/

gsc-3

【グローバル寿司チャレンジについて】

「グローバル寿司チャレンジ2015」は、世界で高品質なすしが安全に楽しまれるようになることを目指し、すしシェフの技術向上や消費者への知識普及を目的とし開催されました。本大会は今年が初めての試みとなる、過去最大規模すしシェフを対象とした大会です。2015年5月~10月にかけて世界14カ国で予選が開催され、合計186名のシェフが参加しました。