メインコンテンツをスキップする

夏休み特別企画 ノルウェー塩さばの親子食育イベントを開催

夏休み特別企画 ノルウェー塩さばの親子食育イベントを開催

イベントに参加したお料理ブロガーとその小学生のお子様が、親子で「野菜たっぷりノルウェー塩さばサンド」を作りました。また、ノルウェー水産物審議会が今年3月に小学生対象に実施した塩さば味覚調査の結果発表も行われました。

8月9日(金)、ノルウェー水産物審議会は、「小学生夏休み特別企画 魚をおいしく楽しく食べよう!」と題し、お料理ブロガーとその小学生のお子様に向けた夏休み食育イベントを開催しました。

今回のイベントでは、名古屋短期大学保育科の小川雄二教授より、「魚のおいしさとひみつ」と題し、子どもの味覚の発達や好き嫌いの仕組みについてお話しをいただいた後、ノルウェー水産物審議会が今年3月に小学生100人を対象に実施した塩さば味覚調査の結果を日本担当ディレクター ヘンリック・アンデルセンより発表しました。国産塩さば(まさば)とノルウェー塩さばをフライパンで焼いただけのものを、産地を明かさずに試食してもらい、味、柔らかさ、ジューシーさ、生臭さ(魚臭さ)、脂ののり、食べやすさなどについて比較したところ、全体の3人に2人の小学生がノルウェー塩さばを好み、さらに比較的頻繁に魚料理を食べている子供の4人に3人がノルウェー塩さばの方を好む、という結果となりました。

クッキングでは、料理研究家の浜田陽子先生に、日本で定番のおかずとして親しまれているノルウェー塩さばを、子どもがより“おいしく”楽しめる調理方法をご紹介頂きました。浜田先生オリジナルレシピ「夏バテ防止!野菜たっぷりノルウェー塩さばサンド」をイベント参加親子が浜田先生と一緒に作り、味わいました。

当日のレシピはこちら