メインコンテンツをスキップする

栄養と健康

栄養と健康

さかなに含まれる“不飽和脂肪酸”が健康を促進します。

今や日本人の食生活はすっかり洋風化し、
さかなよりも肉を中心とした食生活を好む人も多くなりました。

食生活が変わって、昔にくらべ日本人の体格はよくなったものの、同時に肥満が増加したり、生活習慣病などの慢性疾患の発症が低年齢化するなどの問題も生じているようです。
そのひとつには、インスタント食品や動物性食品を摂る量が増え、飽和脂肪酸の摂取量が増加したことが一因と考えられています。

健康な食生活を送るには、さかなに含まれる「脂質」を適量に摂取することも大切です。
さかなに含まれる不飽和脂肪酸という脂は、成人病を予防するのに欠かせない栄養素のひとつで、そこに含まれるEPA(エイコペンタエン酸=IPA)には、血液をサラサラにしコレステロ-ルや中性脂肪を減らし、さらに血栓をつくるのを抑える作用があることから動脈硬化を予防し、心臓病や脳卒中を防ぐ働きがあります。

さらに炎症を抑えたり免疫を調節する作用もあり、アトピーなどのアレルギーにも効果をもたらします。
また、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の働きを促進し学習能力を高めイライラを抑えてくれます。 

冷たく澄んだ海で育ったノルウェーシーフードには、EPAとDHAが豊富に含まれており、また、これらの成分の酸化を防いでくれる、ビタミンEや良質なタンパク質、不足しがちなカルシウムなどもバランスよく含まれていますので、現代のニーズにとても適した栄養源です。